カードローンのカードを紛失した場合の再発行に必要なもの

消費者金融のキャッシングであっても、カードローンを利用する際にはカードが発行されるのが一般的です。手元にカードがあることで、キャッシュカードと同じように、ATMなどからお金を引き出すことができます。カードローンのカードにも暗証番号が設定されているので、たとえカードを紛失したとしても、だれもがカードを利用してお金を借りられるわけではありません。しかし運転免許証と一緒に落として、暗証番号が誕生日に設定されている場合には、すぐにお金を引き出されてしまいます。
もしもカードローンのカードを紛失したことに気づいたら、すぐにキャッシング会社に連絡をして、カードの利用を止めてもらいましょう。そしてそれと同時に、最寄りの警察署へ紛失届を提出します。たいていの場合には、カードローンを利用する際に、紛失時の連絡先が記載されています。
カードローンのカードを紛失してしまった際には、カードの再発行手続きを行う必要があります。カードの再発行するためには、店頭窓口や自動契約機、コールセンターなどで手続きを行うことができます。店頭や自動契約機で再発行の手続きをした際には、その場でカードを受け取ることができます。再発行の手続きには、手数料がかかることがほとんどです。またカードを紛失した際には、再度利用を開始できるまでに時間もかかってしまうので、紛失しないようにしっかりと管理をするようにしましょう。
心配な場合には、カードの発行がない契約もあるので、このようなものを選ぶと良いでしょう。